遺言書作成に関する詳しい知識「法定相続分と指定相続分」

「遺言書作成に関する詳しい知識」一覧に戻る

自筆証書遺言

遺言書には、一般的なものとして3つの種類があります。

まず、その一つ目として自筆証書遺言について。
遺言者が全文を自筆し、署名押印します。
生前、遺言内容を第三者に知られることなく、自分で保管します。手軽に作成でき、費用がかからないこともメリットです。
しかし、その反面、
・様式の不備があれば無効となる
・相続人に遺言書が発見されない可能性もある
・開封に際しては、家庭裁判所の検認が必要
こういったデメリットもあります。

公正証書遺言

公正証書遺言は、公証人が遺言者の意志を遺言書として作成してくれます。様式不備で無効になる恐れがなく、公証人と証人(2人)が立ち会うことで、本人が作成したということも証明されます。原本は公証役場で保管され、偽造や紛失の心配もありません。
そのため、家庭裁判所の検認手続きも必要ありません。
デメリットは、公証人への手数料がかかること。
また、公証人と証人(2人)に遺言内容が知られてしまうことなどです。

秘密証書遺言

遺言内容を秘密にしたいが、遺言書の存在を証明してほしい場合に秘密証書遺言を作成します。
自分で作成した遺言書に封をし、内容のチェックが行われないまま公証役場で証明されます(証人2人必要)。様式不備で無効になるリスクがある上、手間がかかることから、実際にはあまり利用されていません。

公証人には守秘義務があります。
公正証書遺言によっても秘密は十分に守られます。
当事務所では公正証書遺言の利用をお勧めしております