飲食店営業許可申請

「各種許認可に関する詳しい知識」一覧に戻る

もくじ

1) 飲食店営業許可が必要な業種
2) 飲食店営業許可を受けるための施設基準・衛生管理基準
3) 飲食店営業許可申請に必要な書類等について
4) 飲食店営業許可を受けるまでの流れ
4) 飲食店営業許可申請の手数料と交付までの期間について

1)飲食店営業許可が必要な業種

食品関連の営業を行う場合、以下の34業種については、食品衛生法に基づく営業許可が必要です。

調理業 ・飲食店営業 ・喫茶店営業
販売業 ・乳類販売業 ・食肉販売業 ・魚介類販売業 ・氷雪販売業 ・魚介類せり売り営業
製造業 ・菓子製造業 ・あん類製造業 ・アイスクリーム類製造業 ・乳製品製造業
・食肉製品製造業 ・魚肉ねり製品製造業 ・食品の冷凍または冷蔵業
・清涼飲料水製造業 ・乳酸菌飲料製造業 ・氷雪製造業 ・食用油脂製造業
・マーガリンまたはショートニング製造業 ・みそ製造業 ・醤油製造業
・ソース類製造業 ・酒類製造業 ・豆腐製造業 ・納豆製造業 ・めん類製造業
・そうざい製造業 ・かん詰またはびん詰食品製造業 ・添加物製造業
処理業 ・乳処理業 ・特別牛乳さく取処理業 ・集乳業 ・食肉処理業 ・食品の放射線照射業

2)飲食店営業許可を受けるための施設基準・衛生管理基準

飲食店営業許可を受けるには、施設基準衛生管理基準を満たしている必要があります。
営業施設に関しては、建物の構造、食品取扱設備、給水設備及び汚物処理設備等(食品衛生法施行条例第3条)の基準が設けられています。
また、衛生管理の基準としては、施設の衛生管理、食品取扱設備等の衛生管理、ねずみ及び昆虫対策、廃棄物等の取扱い、食品等の取扱い、使用水等の管理、食品衛生責任者、記録の作成及び保存、回収及び廃棄、管理運営要領、検食等の保存、情報の提供、作業場における従事者等の衛生管理、営業者の衛生教育、運搬、表示等(食品衛生法施行条例第2条)があります。

3) 飲食店営業許可申請に必要な書類等について

飲食店営業許可申請に必要な主な書類は以下のとおりです。

1 食品営業許可申請書(新規の場合)・・・1部
2 営業設備の大要・・・2部
3 営業設備の構造の図面・・・2部
4 食品衛生責任者の資格を証明する書類 (調理師免許証、養成講習会修了証などの原本)・・・1部
5 検便成績書(衛生手帳または検査成績書の提示)・・・1部
6 登記簿謄本の写し(法人のみ)・・・1部

4) 飲食店営業許可を受けるまでの流れ

1.飲食店営業許可を受ける業種を保健所に確認する
2.保健所に事前相談する(施設基準に適合しているかの確認等)
3.保健所に飲食店営業許可の申請を提出(書類審査)
4.施設調査
5.飲食店営業許可

5) 飲食店営業許可申請の手数料と交付までの期間について

飲食店営業許可申請手数料は営業の業種によって異なります。
施設調査で不備がなければ、施設調査後から2〜3日で飲食店営業許可証が発行されます。

飲食店営業許可申請 トップへ